スポンサードリンク

魅力的な写真

アングルのセオリー

オークションに出品される商品にはさまざまな物があります。商品ごとにベストアングルはあると思いますが、一般的な例を挙げます。
例えば、ノートパソコン。これはノートパソコンディスプレイを開いた状態で斜め前方から撮るとカッコ良く見えますよね。パソコンを売っているメーカーのサイトを見ればよく分かります。
こういう風に、商品ごとにベストアングルというのは、決まっています。広告や通販のカタログなどは、かなり勉強になりますよ。いろいろ試してみてくださいね。

カメラの固定

初心者でよくあるのが、ピンボケですね。最近でこそ、手ブレ補正の有るデジカメは多いですが、デジカメは基本的に手ブレに敏感です。そこで、カメラを固定するのですが、三脚があればベストです。コレが無い場合は、椅子や机に置いて固定して撮影撮影します。
また、そういうことができない人は、しっかり脇を締めて撮影することが重要です。通常、シャッターを押すときにブレることが多いので、セルフタイマーを使う、という方法もかなり効果があります。

フラッシュ

デジカメで撮影する場合、多くの場合はフラッシュを使いません。フラッシュを使うと光が強すぎて白っぽい写真になってしまいます。後に壁があると、まず失敗写真になってしまいます。
反対にフラッシュを使わないで撮影すると、実際の雰囲気に近いものが撮れます。できれば、自然光で撮るのがベストですが、電灯の明かりでもそれほど悪くない写真が撮影できます。

光を当てる

部屋の明るさが足りなくて、商品の影ができてしまう場合は、横や斜め後ろから電灯などの光源を当てると、影が弱まり自然な感じがでます。あまり強い光を当ててしまうと逆効果なので、そういう場合はトレーシングペーパーなどで、少し光源を覆ってあげると良いでしょう。
そういう電灯が無い場合は、アルミホイルを使用して、商品の横や斜め後ろに配置して、反射で光が当たるようにすれば、うまく影が消せることでしょう。

写り込み

蛍光灯などの写り込みをなくすには、商品を少し大きな紙などで覆ってしまいます。この時、真上からの光は入れるようにするのがコツです。円錐形などに丸めて覆うのが良いでしょう。
そして、撮影するところ(前方)のみ少しあけておいて、そこから撮影するようにすると、写り込みはなくなります。

メリハリをつける

オークションで商品を目立たすためには、メリハリの利いたコントラストが強い色を考えて、背景におきます。黒色が、わりとどんな商品にも生かせる色だと思われます。当たり前ですが、黒い商品には白色が良いのは言うまでもありません。また、背景色を写真モノトーンにすると、意外と高級感が出るので、やってみる価値はあると思います。

写真の加工

撮った写真がそのまま使えればよいですが、なかなかそうはいかないのがオークションです。シャープさや色味を少しでも変えてあげると、グッと写真がよくなることがあります。
また、ヤフオクでは写真は3枚までしか掲載できませんが、何枚かの写真を合体させて1枚の写真にしてしまう方法もあります。少し小さくなりますが、4枚の写真を1枚にして12枚載せることも可能です。コレについては個々にソフトが必要ですので、ここでは説明は省きます。

スポンサードリンク
 
やさしいネットオークション入門 TOPへ 魅力的な写真