スポンサードリンク

終了設定

夜間に終了

オークションができる時間は、たいていの方は夜の10時から12時くらいだと思われます。時間ということは、この時間に終了設定をすれば、いろいろな人に見てもらえ、入札数は稼げるということですね。ただし、この時間に終了する出品もかなり多いので、それだけ競争は激しくなります。
この終了時間の設定は、1時間単位で設定することができます。

終了時間を変える

一般的には、夜10時から12時くらいと書きましたが、その商品に興味がある人が必ずしも夜に見るとは限りません。たとえば、主婦を対象とした服や子供服などは、専業主婦の場合、昼の3時頃でもよく見ているでしょうし、仕事を持っている主婦の場合は、夜の12時くらいになるかもしれません。そのあたりのターゲット層を考えながら、終了時間を休日設定するのも一つの方法です。

休日に終了

オークションをする日は、週の内いつが多いでしょうか。たいていの方は、週末がお休みですので、ここに終了日をもってくるとゆっくり見てもらえますね。オークションに一番参加しやすい日と言えるでしょう。
この終了日の設定は、オークション期間というところで設定できます。

休日終了の良い点

オークションの終了日を休日にすると、オークションに参加しやすいのはもちろんのこと、落札後のメールやその後のやり取りがスムーズにいくことが多いのです。入金は週明けになりますから、それまでしっかりやり取りして、週明け入金確認後、即発送なんてことができるのです。気持ちのいいやり取りができるのです。

自動延長

オークションの醍醐味に「自動延長」という設定があります。
これは、オークションが終了する5分前から終了までに入札があった場合、オークション自動的にオークションが5分間延長されるという、出品者には願ってもない機能なのです。
オークションというのは、終了間際に入札が多いですから、商品を欲しい人が複数いると、この5分間延長が何回も繰り返されることがあります。出品者が一番楽しい瞬間です。

希望落札価格

オークションで時間帯に関係なく、いつでも落札できるようにする設定のことです。980円で出品していても、希望落札価格を1000円にしておけば、1000円を入札した時点でオークションが終了します。
これは、結構応用範囲が広いので、ぜひ使ってみてください。

スポンサードリンク
 
やさしいネットオークション入門 TOPへ 終了設定