スポンサードリンク

出品中の質問と送料の差別化

回答は早く!

オークション出品中に質問が来ることがあります。これはどんなに丁寧に詳しく書いているつもりでも来ますので、しっかりメール答えてあげましょう。質問があれば、メールが送られてきますので、出品画面とメールボックスのチェックはしっかりしましょう。

質問に回答する

ネットオークションは顔が見えない取り引きです。ぶっきらぼうな答えは印象が悪いです。まずは、「ご質問ありがとうございます」や「ご覧いただきありがとうございます」などの言葉から書き出すと良いでしょう。
最後はしっかり、「どうぞよろしくお願いいたします」と締めくくれば高感度アップです。
ここは、非常に大事なところですので、手を抜かないでくださいね。

内容をよく確認!

オークションでは、さまざまな方がいます。よくシステムを理解していない方も多数います
よくあるのが、質問欄にメールアドレスが記載してある場合です。これをそのままオークションの画面で回答してしまうと、不特定多数の方に質問と回答が公開されてしまいます。すなわち、質問者のメールアドレスが公開されてしまうと言うことです。
ここは、少し面倒でも、メールソフトからメールでそのアドレスに回答を送ってあげるようにしましょう。

送料無料

オークションユーザーというのは、全国各地にいますよね。当たり前ですが商品を発送するには、送料が掛かります。この送料というのはやっかいですね。これが少しでも高そうだと、送料高値で入札してくれません。
送料が無料だと、それ以外に掛かる費用は、送金手数料くらいで済みますが、送料が別途掛かる場合は落札金額と合わせると、結構高くなってしまうことがあります。
そういうときに、「送料無料」を前面に押し出せば、その分入札価格は上がりやすくなるとも言えます。

送料無料の注意

送料無料といっても、すべてのオークションの出品を無料にしていては、個人ではちょっと厳しいですね。そういう時は、小さなもの、メール便などの安い送料の商品だけにしても、それなりに効果はあると思います。
また、宅急便などのある程度の送料が掛かるものは、高額落札が期待できる商品のみにしておいたほうが無難だと思われます。

中間を考える

送料無料にするのは少しキツイ、でも半分くらいなら大丈夫そうかな、という場合などは、全国送料均一などにするといいかもしれません。
たとえば、宅急便は通常500円では宅急便送れませんが、全国500円均一にしておけば、それだけでオトク感が出ます。
このオトク感を与えるという、印象付けは大事だと思われます。

複数落札を狙う

同じようなカテゴリーの商品を複数出品すると、同じ落札者から買ってもらえることがよくあります。これの意味するところは、別々の出品者から買うと送料が別々にかかるのに対して、同じ出品者から買うと、1回の送料で済み、安くなるだろうということを見込んでの落札です。
こういうときは、しっかり対応してあげましょう、後々のリピーター獲得にもこういう落札者を逃してはいけません。

スポンサードリンク
 
やさしいネットオークション入門 TOPへ 出品中の質問と送料の差別化